Point 1


節の処理

 

天板(テーブル・キャビネット等)の節に関しては
引っ掛かり、隙間、穴等、食べ残し等が入らないように
パテ処理等してフラットな状態で出荷してます。
使用後にひび割れや節に隙間が開いてくる場合があります。
無垢材の特質ですのでご了承ください。

天板の割れや節の処理をする場合は
家具用のパテなどで埋めて頂くのも1つの方法です。
そのまま自然に任せてお使いになるのも無垢材との付き合い方かもしれません。

 

  

Point 2

ヤニ(べたつき)の処理

天然木で木材がまだ生きているためヤニが発生する場合があります。
検品・出荷時にヤニを除去してパテ埋めしてますが、
木材の状態では使用中に発生する場合があります。
ペイント薄め液と綿棒で拭き取る事をお勧めします。
無垢材の特質で木が生きている証拠です。ご理解頂けますと幸いです。


 

 

Point 3

ひび割れの処理

無垢材の特質上乾燥等でヒビ割れが発生する場合があります。
テーブルの天板等はヒビにパテ埋めをして
テーブル等を拭く際に違和感なくするように処理をしています。
設置する場所によって湿度や乾燥でお届け後にヒビが発生する場合がありますが、
無垢材の特質ですのでご了承ください。

 

 

 

Point 4

乾燥と温度と湿度

季節による乾燥・温度・湿度により木材が伸び 縮みいたします。
主に奥行き側が( 乾燥時-6~8% 多湿時+6~8% ) 変化いたします。
家具の歪みやガタつき等が発生する場合があります。

無垢材(天然木)の特徴としてご理解頂ければ幸いです。

 

Point 5

色むらと接ぎ合わせ

天然木材のため色むらがあります。
また、テーブル・キャビネット等の天板などを一枚板に接ぎあわせるため、
色の違いと質感の違いが発生します。

無垢材はプリント合板や突き板と違いそれぞれ質感や木目等が違います。
表情や色目が異なる事も無垢材の特質である事をご理解頂ければと思います。

 

 

 

 

Point 6

天板

天板は出来るだけフラットに仕上げて発送するよう、
製作スタッフ・検品スタッフ一同心掛けています。

無垢材の自然現象、乾燥や湿気で天然木は伸び縮みが発生致しますので、
反りや変形が出てきます。
無垢材特有の経年変化による僅かな変形はご理解頂ければ幸いです。

 

Point 7

カラー

無垢材という特質上、色味・木目はさまざまになります。
また、パソコン・タブレットの液晶によっても見え方は異なり、
個人で感じる印象の受け方もマチマチです。

ウェブ上の写真は撮影した時の環境・お使いのタブレット・パソコン等により
カラーサンプルと本体家具とも色味・質感が異なる無垢材の特質があります。

カラーの商品別のページがありますのでバラツキをご確認下さい。
カラーに関してはNEALDの色基準に合わせるため
ウェブ上に掲載されている写真は画像加工されています。

カラーパターン

 

Point 8

検品

デザインすること・作ること・そして最終の検品も大事なことと考えています。

製作スタッフ・デザイン設計スタッフで検品をしております。
 
2021/07/20〜の全て家具に関して(セール品・展示品・サンプル・雑貨・小物等以外)
検品リストと家具の写真を保管しております。